なべ‐ぞこ【鍋底】 の意味

  1. 鍋の内側の底。
  1. 最も低く落ち込んだ状態が続くこと。「鍋底景気」
  • 名詞

なべ‐ぞこ【鍋底】の慣用句

  1. なべぞこけいき【鍋底景気】
    • 景気が底をついたまま、長く回復しない状態。特に、昭和32年(1957)から翌年にかけての不況をいった語。→景気循環
  • なべ‐ぞこ【鍋底】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・胸も、腹も、後足も、すらりと上品に延びた尻尾も、みんな鍋底のようにまっ黒なのです。

      芥川竜之介「白」