出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. 食物などを煮たり焼いたりしていないこと。加熱・殺菌などの処理をしていないこと。また、そのさま。「魚を生で食う」「しぼりたての生の牛乳」

  1. 作為がなく、ありのままであること。また、そのさま。「国民の生の声」

    1. 「―な身をもってしたおのれの純粋体験から」〈長与竹沢先生と云ふ人

    1. ㋐演技・演奏などを直接その場で見たり聞いたりすること。「生の舞台」

    2. ㋑録音・録画などによらないで直接その場から放送すること。「生の番組」

  1. 技術・経験などが未熟であること。また、そのさま。

    1. 「石鹸 (しゃぼん) なんぞを、つけて、剃るなあ、腕が―なんだが」〈漱石草枕

  1. 生身の男女の性器。性具に対して実物をいう。また、避妊具をつけない状態での性交のこと。

  1. 生意気」の略。「生を言う」「お生な子」

  1. 生ビール」の略。「ビールは生がうまい」

[副]なんとなく。中途半端に。
    1. 「この男も―頭 (かしら) 痛くなりて」〈今昔・二七・二〇〉

[接頭]
  1. 名詞に付いて、いいかげんな、中途半端な、などの意を表す。「生返事」「生あくび」「生煮え」

  1. 形容詞・形容動詞に付いて、少しばかり、何となく、などの意を表す。「生ぬるい」「生暖かい」

  1. 人を表す名詞に付いて、年功が足りない、世慣れていない、年が若いなどの意を表す。「生女房」「生侍」