出典:デジタル大辞泉(小学館)

十分な覚悟をもたずに仏道に入ること。

「―にては、かへりて悪しき道にも漂ひぬべくぞ覚ゆる」〈・帚木〉