なまこ‐かべ【海鼠壁】例文一覧 1件

  1. ・・・ 折もよく海鼠壁の芝居小屋を過ぎる。しかるに車掌が何事ぞ、「スントミ町。」と発音した。 丸髷の一人は席を立って、「それじゃ、御免ください、どうぞお宅へよろしく。」「ちッと、おひまの時いらしッて下さい。さよなら。」 電車は・・・<永井荷風「深川の唄」青空文庫>