出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. なまじ」に同じ。

    1. 「―に御器量好しだの美人だの云われた丈に」〈蘆花自然と人生

  1. そうするのは無理なのにあえてするさま。

    1. 「物思ふと人に見えじと―に常に思へりありそかねつる」〈・六一三〉

  1. しなくてもいいのにするさま。

    1. 「―なるいくさして、言ふかひなく敵の手にかかり」〈太平記・一一〉

[副]なまじ」に同じ。
    1. 「お旗下の若様だと―若い人に知らせると」〈円朝・真景累ヶ淵〉