出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]中途半端なさま。どっちつかず。なまはんか。「―な心得では太刀打ちできない」
[副]そうすることがかえって良い結果とならず、まずいという気持ちを表す。なまじっか。
    1. 「けれど―お顔を見るなんざ唯思いを増すばかりでね」〈木下尚江良人の自白