なまり‐ぶし【生り節】 の意味

  1. カツオの肉を蒸し、一度だけ火入れして生干しにした食品。煮つけや酢の物などにして食べる。なまぶし。 夏》「藁苞 (わらつと) に背腹見えけり―/鬼城