出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「なむ」の連用形から》

  1. 並んでいること。並んだもの。ならび。

  1. よくも悪くもないこと。ごく一般的であること。また、そのもの。中ぐらい。普通。「並みの品」「並みの選手」

  1. 商品などの等級で、上と下の中間のもの。中程度。「にぎりの並み」

  1. 同程度・同類であること。同等。

    1. 「わが―の人にはあらじと思ひて」〈・玉鬘〉

  1. 名詞の下に付いて接尾語的に用いられる。

    1. ㋐そのものと同じ、そのものと同じ程度などの意を表す。「例年並みの気候」「世間並みの生活」

    2. ㋑その物ごと、その時ごとの意を表す。「軒並み」「月並み」

    3. ㋒それが並んでいること、いくつも重なっている意を表す。「歯並み」「家並み」