なみ‐じ〔‐ぢ〕【波路/浪路】例文一覧 1件

  1. ・・・そして、はるばると波路を揺られてゆかれました。小鳥が岸に上がって、木に止まって鳴いたときに、お姫さまは、船から上がられました。そして、そこに休んでいたろばに乗られて、砂漠の中を過ぎられました。 お姫さまは、その道は、自分のきた時分に通っ・・・<小川未明「お姫さまと乞食の女」青空文庫>