出典:デジタル大辞泉(小学館)

波を関守に見立てた語。

「都に帰る夢をさへ通さぬ―に、いとど涙を催され」〈太平記・二〉