出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ下一][文]な・む[マ下二]
  1. 舌の先でなでるように触れる。「切手を―・めてはる」「猫が毛を―・める」

  1. 舌の先で味をみる。また、そのようにして酒を少しずつ飲む。口に含んだものを舌で味わう。「砂糖を―・める」「ウイスキーを―・める」

  1. つらいことや苦しいことを経験する。「辛酸を―・める」

  1. (炎の動きを舌の動きに見たてて)炎がはうようにして燃え広がる。「炎が家並みを―・める」

  1. 映画・テレビなどの撮影技法の一。主となる被写体の手前に、他の人や物を置いて撮影する。

  1. 《形容詞「なめし」の動詞化かともいう》かるく見なす。甘く見る。みくびる。「若造に―・められる」「―・めたことを言うな」

出典:青空文庫