出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副助]《断定の助動詞「なり」の未然形から》体言に付く。話題となるものを取り上げて示す。…について言えば。「母なら間もなく帰ると思います」
[並助]《近世語》いくつかの事柄を並列して言うのに用いる。…といい、…といい。→なり[並助]
    1. 「姿―面体―、京のどなたの奥様にも誰が否とはいなば山」〈浄・堀川波鼓