出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良絵を挿絵とした一種の絵本。御伽草子 (おとぎぞうし) を主とし、金泥 (きんでい) ・銀泥を用いた細密華麗な描写のものもある。わかりやすく明快な表現が愛され、庶民に普及した。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉