出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動バ下一][文]なら・ぶ[バ下二]
  1. 並んだ状態に位置させる。列をなすように位置させる。また、隣り合わせに置く。「二列に―・べる」「肩を―・べて歩く」「机を―・べて勉強した間柄」

  1. ひきあててその優劣を比べる。「芭蕉と蕪村を―・べて論じる」

    1. 「花のさかりに―・べて見ばや」〈・若菜上〉

  1. いくつも、またいろいろなものを次々と置く。「碁石を―・べる」「食卓に料理を―・べる」

  1. 次々といくつもあげて言う。「欠点を―・べる」

  1. 時間的に続ける。連続させる。

    1. 「夜 (よ) ―・べて君を来ませとちはやぶる神の社を祈 (の) まぬ日はなし」〈・二六六〇〉

[用法]ならべる・[用法]つらねる――「美辞麗句を並べる(連ねる)」「軒を並べる(連ねる)」など、列にして位置させる意では相通じて用いられる。◇「並べる」は、列を作って位置させること。「机を五列に並べる」「机の上に開いた本を並べて調べる」◇「連ねる」は縦でも横でも1列に位置させること。ばらばらの状態には使わない。「車を連ねて行進する」「名簿に名を連ねる」など。◇類似の語に「配列する」「羅列する」がある。「配列する」は、ある基準に従ってきちんと並べること。「五十音順に配列する」「メーカー別に商品を配列する」など。「羅列する」は、やたらに、またずらりと並べること。「無意味な文字を羅列してもしようがない」

出典:青空文庫

出典:gooニュース