出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][○|(なり)|なり|なる|なれ|○]活用語の終止形に付く。平安時代以後は、ラ変形活用語には連体形に付く。
  1. 音や声が聞こえるという意を表す。

    1. ㋐…の音や声が聞こえる。

      「みとらしの梓 (あづさ) の弓の中弭 (なかはず) の音すなり」〈・三〉

    2. ㋑他から伝え聞いたことを表す。…そうだ。…ということだ。…と聞いている。

      「また聞けば、侍従の大納言の御女 (むすめ) なくなり給ひぬなり」〈更級

    3. ㋒音・声やうわさなどに基づく推定を表す。…するようだ。…しているらしい。

      「呼びわづらひて笛をいとをかしく吹きすまして過ぎぬなり」〈更級

  1. 詠嘆の気持ちを表す。…であることよ。…ているよ。「手 (た) 枕に身を愛すなりおぼろ月/蕪村

[補説]一般に伝聞推定の助動詞とよばれ、語源については「音 (ね) 」「鳴る」「泣く」などの「ね」「な」に「あり」が付き、融合したとみる説が有力である。2は近世に生じた用法。