出典:デジタル大辞泉(小学館)

文語形容動詞の活用形式の一。「静かなり」「丁寧なり」などのように、終止形の語尾が「なり」の形をとるもの。元来、「静かに」「丁寧に」などの形が動詞「あり」に結びついた「静かにあり」「丁寧にあり」の音変化したもので、これに「―に」の形も連用形に加えて、「なら・なり(に)・なり・なる・なれ・なれ」と変化する。この類は、口語では、「―だ」の形になっている。→形容動詞