出典:デジタル大辞泉(小学館)

塩蔵の魚に飯を合わせ、その自然発酵によって酸味が生じた鮨。飯もともに食べるもの(和歌山県の下鮨 (しもずし) など)と、飯は少量使い、主に魚を食べるもの(滋賀県の鮒鮨 (ふなずし) など)とがある。腐れ鮨。うれずし。 夏》