出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]な・る[ラ下二]
  1. その状態に長く置かれたり、たびたびそれを経験したりして、違和感がなくなる。通常のこととして受け入れられるようになる。「その土地の気候に―・れる」「移動する車中での睡眠に―・れる」「彼女の気まぐれにはもう―・れた」「住み―・れる」

  1. 経験を重ねて、そのことがうまくできるようになる。習熟する。「患者の扱いに―・れる」「―・れた手つき」「旅―・れる」

  1. 道具などが、からだになじむ。「―・れた靴で出かける」「―・れた万年筆で書く」

  1. (馴れる)

    1. ㋐その人に対して、違和感がなくなる。その人に親しみの気持ちをもつようになる。「子供が家庭教師に―・れる」「新しい上司に―・れる」

    2. ㋑動物が、人間に対して、警戒心などを抱かなくなる。「人に―・れない馬」

出典:青空文庫