出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国江蘇省の省都。揚子江の南岸に位置し、水陸交通の要衝。古来、三国六朝中華民国などの都として栄えた。名称は建業・建鄴 (けんぎょう) ・建康・金陵などに変わり、明の永楽帝のとき、北京に対して南京と称した。石油化学などの重工業が発達。人口、行政区362万(2000)。ナンチン。
  1. カボチャの別名。

  1. (物の名に冠して)

    1. ㋐中国から、また東南アジアから中国を経て渡来したものの意を表す。「南京米」「南京豆」

    2. ㋑珍しいもの、小さくて可愛いものの意を表す。「南京玉」「南京鼠 (ねずみ) 」