出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. どれほどの個数。いくつ。個数が不明であるときに用いる。「あと―必要ですか」

  1. 《「なんご」とも》遊戯の一。碁石や細かく折った杉ばしなどを、手の中に握って差し出し、持っている数を当てさせるもの。

  1. 江戸時代、一文銭を手のひらに握り、その数を当てさせるばくち。

[生活/その他]カテゴリの言葉

出典:gooニュース