なん‐こつ【軟骨】例文一覧 1件

  1. ・・・こうして喉の軟骨のつぶれるときをそれこそ手をつかねて待っていなければいけないのだ。ああ、なんという、気のきかない死にかたを選んだものか。ドストエーフスキイには縊死の苦しさがわからなかった。私は、はっきり眼を開いて、気の遠くなるのをひたすら待・・・<太宰治「狂言の神」青空文庫>