出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国絵画の系統の一。唐の王維に始まり、董源 (とうげん) 巨然 (きょねん) 米芾 (べいふつ) 、元末四大家(黄公望呉鎮倪瓚 (げいさん) 王蒙 (おうもう) )などを経て、明の沈周 (しんしゅう) はじめ呉派に至る文人画家の山水画様式。明末の董其昌 (とうきしょう) の提唱による。水墨による柔らかい描線と自然な感興が特色。文人画。→南画 (なんが) 

出典:青空文庫