出典:デジタル大辞泉(小学館)

浮世草子。8巻。井原西鶴作。貞享4年(1687)刊。各巻5章5話、計40話から成る。前半は武家社会の義理と意気地に殉ずる男たちを描き、後半は歌舞伎若衆の男色咄 (ばなし) を収める。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉