出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 南の空。南半球の空。⇔北天

  1. メギ科の常緑低木。本州中部以南の暖地に自生。葉は羽状複葉で、先のとがった楕円形の堅い小葉からなる。6月ごろ、白い小花を円錐状につける。果実は球形で、ふつう赤く熟す。果実を干して鎮咳 (ちんがい) 薬にする。庭木とし、品種が多い。南天竹。南天燭。 実=冬 花=夏》

  1. 家紋の一。2の葉や実を組み合わせて図案化したもの。

[補説]2は、「難転」と掛け「難を転じて幸となす」と解して、縁起物とされる。

出典:青空文庫