出典:デジタル大辞泉(小学館)

安土桃山時代の茶道書。7巻。南坊宗啓著。文禄2年(1593)ごろの成立。師千利休から習得した茶道の心得や秘伝を記したもの。福岡藩黒田氏の家老立花実山による偽書とする説もある。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉