出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「なにら」の音変化》
  1. (あとに打消しの表現を伴って)まったく。少しも。「何等恥じるところはない」

  1. (「なんらの…もない」などの形で)ほんの少し。わずか。「何等の利益もない」

  1. 「なんらの」の形で、あとの語の内容を強調する。なんという。

    1. 「―の至幸、―の快事」〈織田訳・花柳春話

  1. (「なんらの…か」などの形で)どのよう。どれほど。

    1. 「其胸中には―の感想が往来してたであろうか」〈木下尚江火の柱