出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 美しい銀。精錬した上質の銀。

  1. 江戸時代、二朱銀の異称。長方形の銀貨幣で、1両の8分の1。南鐐銀。南挺 (なんてい) 。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉