にあがり‐しんない【二上り新内】例文一覧 1件

  1. ・・・と、西宮は小声に言いながら後向きになり、背を欄干にもたせ変えた時、二上り新内を唄うのが対面の座敷から聞えた。「わるどめせずとも、そこ放せ、明日の月日の、ないように、止めるそなたの、心より、かえるこの身は、どんなにどんなに、つらかろう――・・・<広津柳浪「今戸心中」青空文庫>