出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 大嘗会 (だいじょうえ) のとき、悠紀 (ゆき) 主基 (すき) の内院において神供 (じんく) を納めておく殿舎。

  1. 宮中の内膳司 (ないぜんし) にあって諸国から献上の贄を納めておく所。

  1. 貴人の家で、食物とする魚・鳥の類を蓄えたり、調理したりする所。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉