出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの。「香水の匂い」「サンマを焼く匂い」→臭 (にお) い1

  1. いかにもそれらしい感じ・趣。「都会の匂い」「生活の匂い」→臭 (にお) い2

  1. 芸能や文芸で、表現の内にどことなくただよう情趣・気分・余情。

  1. 日本刀の刃と地肌との境に現れた、白くかすんだように見える部分。→沸 (にえ) 

  1. 染め色、襲 (かさね) の色目や鎧 (よろい) の威 (おどし) の配色で、濃い色からしだいに薄くなっていくもの。ぼかし。

  1. 匂い威 (おどし) 」の略。

  1. 視覚を通して見られる、鮮やかに美しい色合い。特に、赤色についていう。

    1. 「もみち葉の―は繁し然れども妻梨の木を手折りかざさむ」〈・二一八八〉

  1. 人の内部から立ち現れる、豊かで生き生きした美しさ。

    1. 「―多く見えて、さるかたにいとをかしき人ざまなり」〈・空蝉〉

  1. はなやかで、見栄えのすること。威光。栄華。

    1. 「官 (つかさ) 、位、世の中の―も、何ともおぼえずなむ」〈・椎本〉

  1. 10 声が豊かで、つやのあること。

    1. 「答へたる声も、いみじう―あり」〈とりかへばや・一〉

[補説]12について、ふつう、好ましいものは「匂い」、好ましくないものは「臭い」と書く。
[用法]におい・[用法]かおり――「バラの甘いにおい(香り)が漂う」のように、鼻に感じるここちよい刺激については相通じて用いられる。◇「におい」は良い・悪い・好ましい・不快など、鼻で感じるものすべてについていう。「いいにおい」「アンモニアのにおい」「魚の腐ったようなにおい」◇また、そのもののうちに漂う雰囲気についてもいう。「生活のにおいの漂う文章」◇「香り」は鼻に好ましく感じられるものに限って使われる。「馥郁 (ふくいく) たる香り」「香 (こう) の香り(薫り)を楽しむ」。また、そのものからおのずから出てくる感じについてもいう。「芸術の香りに満ちた町」

出典:青空文庫

出典:gooニュース