出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「におきて」の音変化》
  1. 動作・作用の行われる時・場所・場合を表す。「パリに於て外相会議が開かれる」

    1. 「この事天下―殊 (こと) なる勝事 (しょうし) なれば、公卿僉議 (くぎゃうせんぎ) あり」〈平家・一〉

  1. 事物や人物について、それと関連する意を表す。…に関して。…について。「規模の大きさに於てひけをとらない」

  1. (多くは下に「は」を伴って)上の人物・事柄を強く指示する意を表す。…こそ。

    1. 「妹尾 (せのを) ―は又いけどりに仕 (つかまつ) り候はん」〈平家・八〉

  1. (下に「は」を伴って)仮定条件を示す。もし…の場合には。

    1. 「一方欠けん―は、いかでかその歎きなからんや」〈平家・四〉

[補説]平安時代以降、漢文の「於」を「おきて」と訓読したものが和文にも広がったもの。中世の軍記物などに多くみられる。現代語では文語的表現に用いられる。