出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]《「丹 (に) 秀 (ほ) 」を活用した語で、赤色が際立つ意》
  1. よいにおいを鼻に感じる。かおりがただよう。「百合の花が―・う」「石鹸がほのかに―・う」→臭う1

  1. 鮮やかに色づく。特に、赤く色づく。また、色が美しく輝く。照り映える。「紅に―・う梅の花」「朝日に―・う山桜」

  1. 内面の美しさなどがあふれ出て、生き生きと輝く。

    1. 「純な、朗らかな、恵みに―・うた相が」〈倉田愛と認識との出発

  1. おかげをこうむって、栄える。引き立てられる。

    1. 「思ひかしづかれ給へる御宿世をぞ、わが家までは―・ひ来ねど」〈・少女〉

  1. 染め色または襲 (かさね) の色目などで、濃い色合いからしだいに薄くぼかしてある。

    1. 「五節の折着たりし黄なるより紅まで―・ひたりし紅葉どもに」〈讃岐典侍日記・下〉

[動ハ下二]美しく色を染める。
    1. 「住吉 (すみのえ) の岸野の榛 (はり) に―・ふれどにほはぬ我やにほひて居らむ」〈・三八〇一〉

出典:青空文庫