出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《格助詞「に」+動詞「おく」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形》
  1. ある事柄が存在し、または行われる場所・場合・状況などにある限定を加える。…での。「わが国に於ける公害対策」「民主主義に於ける人権尊重」

  1. (「…の…における」の形で)それと関連する意を表す。…に関する。…に対する。「科学の人類に於ける意義」「環境の子どもに於ける影響」