出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 鳰鳥が水に潜 (かず) き、長くもぐる意から、「葛飾 (かづしか) 」「息長 (おきなが) 」に掛かる。

    1. 「―葛飾早稲 (わせ) をにへすとも」〈・三三八六〉

  1. 鳰鳥が雌雄並んで水に遊ぶ意から、「なづさふ」「二人並びゐ」に掛かる。

    1. 「―なづさひ来しを人見けむかも」〈・二四九二〉