出典:デジタル大辞泉(小学館)

《後世は「にぎみたま」とも》柔和な徳を備えた神霊。にきたま。⇔荒 (あら) 御魂

「大和の―は静まりて」〈出雲国風土記

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉