にぎ‐わ・う〔‐はふ〕【×賑わう】例文一覧 4件

  1. ・・・ 渋谷の金王桜の評判が、洗湯の二階に賑わう頃、彼は楓の真心に感じて、とうとう敵打の大事を打ち明けた。すると思いがけなく彼女の口から、兵衛らしい侍が松江藩の侍たちと一しょに、一月ばかり以前和泉屋へ遊びに来たと云う事がわかった。幸、その侍の・・・<芥川竜之介「或敵打の話」青空文庫>
  2. ・・・しかし、またそのおかげで科学が栄え文学が賑わうばかりでなく、批評家といったような世にも不思議な職業が成り立つわけであろう。<寺田寅彦「観点と距離」青空文庫>
  3. ・・・ そして、自分はこれまでに、これとよく似た幻滅を感じさせられた色々の場合を想い起しながら、またあてもなく、祝日の人通りに賑わう銀座の方へ歩いて行った。      二 ボーイ A町を横に入った狭い小路に一軒の小さな洋食店が・・・<寺田寅彦「雑記(2[#「2」はローマ数字、1-13-22])」青空文庫>
  4. ・・・家庭では母を先頭としての女性たちが、毎日苦心して台所の運用をやっていて夜の茶の間の話題もそれで賑わう。すこし年嵩な青年たちはこういう話をきくにつけても身体の健康な、家政になれた女性を妻としなければ、とてもこれからは、やって行けないという感想・・・<宮本百合子「家庭と学生」青空文庫>