出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 言いのがれをしようとしていう言葉。逃げ口上。

    1. 「また―をいふよ」〈人・梅児誉美・初〉

  1. (遁げ句)連句の付合 (つけあい) 手法の一。手の込んだ句が連続したときや前句がむずかしいときに、さらりと叙景句などを付けて、次句を付けやすくすること。遣 (や) り句。→七名八体 (しちみょうはったい) 

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉