にげ‐ぐち【逃(げ)口】例文一覧 1件

  1. ・・・ 百姓は、逃げ口が見つかったのを喜んで麓の方へ押しよせてきた。彼等は、物をくすねそこねた泥棒のように頸をちぢめてこそこそ周囲を盗み見ながら兵士の横を走せぬけた。「早く行け!」 栗本が聞き覚えのロシア語で云った。百姓は、道のな・・・<黒島伝治「パルチザン・ウォルコフ」青空文庫>