出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 異なった二つの原理で、あらゆるものを説明しようとする考え方。

  1. 哲学で、世界を相対立する二つの原理によって説明しようとする立場。精神と物質との二実体を認めたデカルトの物心二元論など。→一元論多元論

  1. 宗教で、世界を光と闇 (やみ) 、善と悪など、相対立する二つの原理の闘争として説明する立場。

出典:青空文庫

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉