に‐ごしらえ〔‐ごしらへ〕【荷×拵え】例文一覧 1件

  1. ・・・本間さんはとうとう思い切って、雨が降るのに荷拵えが出来ると、俵屋の玄関から俥を駆って、制服制帽の甲斐甲斐しい姿を、七条の停車場へ運ばせる事にした。 ところが乗って見ると、二等列車の中は身動きも出来ないほどこんでいる。ボオイが心配してくれ・・・<芥川竜之介「西郷隆盛」青空文庫>