出典:デジタル大辞泉(小学館)

炭素や炭素化合物の完全燃焼、生物の呼吸や発酵、火山の噴火などのときに生成される、無色・無臭の気体。空気中に約0.03パーセント存在。工業的には石灰石を熱して作る。炭酸ナトリウムの製造や清涼飲料水・ドライアイス・消火剤などに使用。化学式CO2 炭酸ガス。無水炭酸。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース