出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1671~1750]江戸中期の浮世絵師。京都の人。号、自得叟・文華堂など。西川派の祖。初め狩野派を学び、さらに大和絵画法を会得し、折衷した画風を確立。肉筆美人画を得意とした。また、絵本作家として浮世草子の挿絵を多数描いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉