• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

いん‐ち【引致】例文一覧 3件

  1. ・・・一人の私服警官が粉煙草販売者を引致してゆく途中、小路から飛び出して来た数名がバラバラツと取りかこみ、各自手にした樫棒で滅茶苦茶に打ち素手の警官はたちまちぶつ倒れて水溜りに顔を突つ込んだ。死んだやうになつてゐた数秒、しかし再び意識をとり戻した・・・<織田作之助「大阪の憂鬱」青空文庫>
  2. ・・・たぶん宿の廚の料理人が引致して連れて行ったものらしく、ともかくもちょうどその晩宿の本館は一団の軍人客でたいそうにぎやかであったそうである。そうしてそのときに池に残された弱虫のほうの雄が、今ではこの池の王者となり暴君となりドンファンとなってい・・・<寺田寅彦「あひると猿」青空文庫>
  3. ・・・自分はそのこまかく折目のついた新聞を手にとり、同志川口浩、徳永、橋本、貴司などが引致されたというところを繰かえして読み、これらの人々の闘争を、身近に感じるのであった。 大会が持たれたという事は、しかし何とも云えぬ鼓舞であった。自分が書く・・・<宮本百合子「刻々」青空文庫>