出典:デジタル大辞泉(小学館)

皇居正門の堀にかかる鉄製の橋の俗称。江戸時代は木橋で、堀が深いため上下二重に橋桁 (はしげた) を組んだところからよばれたもの。

[補説]一般に、皇居前広場から見える二重アーチ構造の石橋を「二重橋」とする誤解が多いが、これは「正門石橋」であり、二重橋はその奥にある。

出典:青空文庫