にじゅう‐もうけんほう〔ニヂユウマウケンハフ〕【二重盲検法】 の意味

  1. 治験薬の薬効を客観的に調べる臨床試験の方法。多数の患者に調べたい薬と偽薬(プラセボ)とを投与し、だれにどちらを与えたかは患者にも医師にもわからないようにしておき、結果を統計学的に判定する。プラセボ比較試験。→偽薬効果