出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代末期、皇帝テオドシウス1世死後の395年、東西に分割されたローマ帝国の西方部分を継いで、成立した帝国。都はローマ。皇帝の乱立、ゲルマン民族の侵入などによって衰退し、476年ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされた。→東ローマ帝国
フランク王シャルルマーニュ(カール大帝)が、800年に復興した国名。神聖ローマ帝国成立まで続いたが、名目だけのものだった。