出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安末期から鎌倉時代に流行した大和絵様式の肖像画。特に面貌 (めんぼう) を写実的に描く。藤原隆信に始まり、その子信実によって大成された。代表作に信実の「後鳥羽上皇像」がある。