にせ‐もの【偽者/×贋者】例文一覧 1件

  1. ・・・父親が、偽者かもしれないと心配して警察まで送って来たのだそうだ。「なんて人馬鹿にしてるんでしょ」 怒って云って、又袂をかき合わせ下を向いた。 昼になっても警視庁などからは来ない。小使いが、ヒジキの入った箱弁当を娘さんの分も床へ置・・・<宮本百合子「刻々」青空文庫>