出典:デジタル大辞泉(小学館)

明治35年(1902)日本と英国との間に結ばれた同盟条約。ロシアのアジア進出の牽制 (けんせい) を目的とし、一方の締結国が2国以上と戦争状態に入った時には他方の締結国も参戦することを協約した。日本の第一次大戦参戦の根拠ともなったが、大正11年(1922)に廃止。