出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1314~1392]南北朝時代の日蓮宗の僧。会津の人。妙満寺派(今の顕本法華宗)の祖。通称、玄妙阿闍梨 (あじゃり) 。比叡山で学び天台僧となる。66歳のとき日蓮の著書を読み、日蓮宗に帰した。京都に妙満寺を建立。著「治国策」など。